信用取引これだけは

委託証拠金の管理だけは怠らないように!

資金の3倍の運用を行うことができ、空売りも可能な信用取引は、昨今の不安定な経済状況にも柔軟に対応できることから大変人気があります。そのため最近になって信用取引を始める人も多くいますが、大きな失敗をおかさないようにするために、どうしても「これだけは」と押さえておかなければならないことがあります。
まず最も重要なのが、委託証拠金の管理です。信用取引では原資となる委託証拠金以上の規模の取引が行えるようになるため、ついつい勇んで大きな取引に手を出してしまう人もいますが、それだと少し株価が動いただけで追証が発生してしまいます。ストップ高やストップ安が連日続いたとしても追証が発生しない程度には、委託証拠金を確保できるよう、常に心がけておきましょう。

金利がかかるということだけは忘れないように!

信用取引初心者がついつい忘れがちなのが、「金利」の存在です。信用取引は、信用買いの場合は資金を、空売りの場合は株そのものを証券会社から借り入れることになるため、その借り入れ日数に応じて金利がかかってきます。この金利を加算した上で信用取引における銘柄運用を心がけなければ、金利の分だけ損失が膨らんでいくという事態が生じる場合もあります。
昨今はデイトレードであれば金利がかからない証券会社も多くありますが、信用取引相場の動向は金利を前提として動くこともあるため、常に把握しておく必要があると言えます。逆を言えば、金利の動向を上手く信用取引銘柄の管理運用に反映させれば利益を拡大させるチャンスも生まれるため、金利動向には注意を払っておきましょう。

© Copyright Margin Trading. All Rights Reserved.