初心者必見!信用取引の始め方

まずは株取引の経験を積もう!

良きにつけ悪しきにつけ、株式相場の状況がニュースで頻繁に流れる昨今は株取引するのに絶好の機会だと言えます。特に相場に悪いニュースが出た際にその有用性が強調されるのが、『信用取引』です。信用取引は株価が下落基調の際により利益を出すことができるため、最近特に注目を集めています。
しかし、株取引の初心者はいきなり信用取引を行うことはできません。信用取引は現物取引と違ってリスクが無限になる可能性もあるため、株取引に関する最低限の知識と経験が無ければ行うべきではないのです。金融市場でもそのことは十分周知されているため、証券会社では信用取引の口座を開く際、一定期間の株取引の経験を求められます。まずは現物取引を行って、株取引におけるリスクを十分把握してから信用取引に乗り出すようにしましょう。

委託証拠金と金利の仕組みを理解しておこう!

現物取引で十分な経験を積んだ後、いざ信用取引を始めようといった時に必要になってくるのが、「委託証拠金」です。現物取引における運用資金と同じようなものですが、信用取引においてはこの委託証拠金をもとに信用取引できる規模が決まってきます。また、委託証拠金ぎりぎりで運用を行った場合、不意の損失で「追証」という強制的な追加入金を求められる場合があるため、自分の取引規模にあわせた十分な委託証拠金を事前に準備しておく必要があります。
一方で信用取引は資金や株を証券会社から借りる取引であり、借りた有価物に対して期間に応じた金利がかかってくるので注意が必要です。証券会社の中にはデイトレードで金利がかからなかったり、手数料を安く抑えているなどの独自の特徴を持ったものがあるため、信用取引初心者はこうした基準から口座を開設する所を決めるのも良いでしょう。

© Copyright Margin Trading. All Rights Reserved.