信用取引って?

信用取引っていったい何?

近年投資が注目されています。信用取引は株式投資における一つの取引き方法です。株式投資には現物取引と信用取引の2種類あり、現物取引は元金そのままの金額分の取引をしますが、信用取引では保証金という形で元金を証券会社に預けてその3.3倍の額を証券会社から借りて取引することができます。30万円の元金ならば約100万円分取引できるということです。投資に費やせるお金がそこまでたくさんないという方でも大きな額の取引が可能となるので、取引できる株の幅を広げることができます。
信用取引を始めるにはどうしたらいいのでしょうか。まずは証券会社で総合口座を開設してください。その後信用口座を開設すると信用取引が始められます。口座の開設は証券会社の窓口やインターネットで申し込みができるので、難しいことはありません。

信用取引における注意点

信用取引では元金の3.3倍の額の取引ができます。そのため現物取引に比べて利益を得たときも大きくなります。がっつりと稼ぎたい方にはお勧めです。しかし注意しなければならないことは、大きな利益を得ることができますが逆に損失を出してしまったときも大きな額になってしまうということです。そして利益も損失も金額はそのまま保証金に加算されます。ですからメリットの金額も大きいですがリスクも大きいのです。
損失が増えてしまい、証券会社の既定の額以下に保証金が減ってしまうと追証(おいしょう)が発生します。追証とは保証金が足りなくなった時に追加でお金を入れるように証券会社から請求されることです。信用取引はうまく使えば大きな利益を生みますが、一歩間違えば大きな損失にもつながりかねないということを忘れないようにしましょう。

© Copyright Margin Trading. All Rights Reserved.